チームワークの動機付け その2

こんにちは!オフィスコンパスの天野です。

 

ここ数日、私の住む広島県福山市は、ほんの少しだけ冬が弱まり「あれ?春が近づいてる?」と思わせる日が数日続いています♪

暖かくなってきて嬉しい反面、スギ花粉の恐怖も感じている今日この頃…

 

さて、今日は「チームワークの動機付け」がテーマです。

以前の投稿でもお伝えしましたが、行事の前には動機付けが欠かせませんよね!

 

お互いの意見を尊重する大切さに気付かせる

天野博士、44歳になったいま、本当に大切なことだと感じています。

社会人同士、夫婦同士、友人同士、親子同士…

自分の考えや意見が絶対に正しい!とは言えない。

主張することも勿論大切ですが、自分とは違った意見に対しても客観的に捉えられなくては。

 

子どもたちは、つい自己中心的になりがちです。

チームワークを発揮させるためには、この殻を破らせなくてはいけません。

そのことを教えるのも先生としての責任だと思います。

 

今日、紹介する動機付けは、以前紹介した「凹凸の壁」の別バージョンです。

機会があれば、生徒たちに一つのネタとしてでも良いので話してあげてください♪

 


Aくん「丸だよね。」

Bくん「何言ってんの?四角だろ?」

Aくん「は?理解できないんだけど。丸に決まってるだろ。」

Bくん「お前どこ見て言ってんだよ、四角としか思えないよ。」

Aくん(Bとは考えが合わないな…)

Bくん(Aと付き合うのはやめよう…)

 

AくんとBくん、どちらが正しいのかな?

なぜ、こんな衝突が起こったのかな?

どうすれば良かったのかな?

見え方の違い

実は、どちらも正しい意見だったんですね。

同じ物事を見ていても、立場が違うと見え方や感じ方が全く違います。

過去の経験によっても変わってきます。


 

こういった意見の衝突、よく見る光景です。

トラブル発生!となる前に、しっかりと動機付けしてあげましょう。

人生において大切な「物事の捉え方」とも言えます。

当然、先生という立場の人は、いつでも俯瞰で物事が見えていなくてはいけませんよね!

 

育てるをもっと楽しく、ずっと楽しく。

オフィスコンパス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA