【就活前の動機付け】まず教えるべきこと

こんにちは!オフィスコンパスの天野です。

 

桜の花も咲き始めた今日この頃、やっと春到来の陽気な日々になりましたね!
小学校・中学校・高等学校…どこも卒業式シーズン真っ只中ですネ!

卒業生たちはどのような気持ちで、学び舎を後にするのでしょうか…。

 

 

さて、わたくし天野は19年間専門学校で教員をしてきました。

専門学校に来る学生たちは、卒業後はどうするかと言うと、ほぼ100%就職です。

先生の立場として、学生たちに「良い就職」をしてもらえるよう指導に力を入れなくてはいけません。

これが大変なんですよね。

 

就活指導が大変になる原因

何が原因で大変になるかと言うと…

就職活動をする学生たちの心が「就職したい!」という気持ちではないことです。

学生たちの本音を引き出すと…

「会社って怖そう」
「働きたくない」
「何がしたいかわからない」
「面接が怖い」
「企業訪問する勇気がない」 etc…

ザ・ネガティブワールドです(*_*;;;

しかし、就職活動の時期が近くなって「仕方なく動く」という学生がほとんど。

こんな心理状態では、履歴書を書く手の動きも鈍くなるのは当然です。

企業訪問の電話さえ、「明日やろう明日やろう」になってしまい、

側で見ている先生は、イライラ…イライラ…でしょう。

 

いきなり就職の希望を聞く?

働くことに対してネガティブな心の状態では、良い結果は出ませんよね。

「私は、何が何でも◯◯の仕事に就きたい!」という気持ちにならないといけません。

適当な就職をしても早期離職となってしまうだけです。

それに、大勢の面接を実施してきた人事の人にはバレバレです。

就職活動が始まる前に、先生は何をしなくてはいけないでしょうか?

  • 学生たちの就職希望をヒアリング?
  • 就職活動の流れを説明?
  • 履歴書を書かせる?
  • 自己紹介を考えさせる?
  • 面接の練習を始める?
  • 身だしなみを整えさせる?

これら、すべてNGです。

 

「◯◯の仕事に就きたい!」の気持ちにさせてあげる

まずは、就職すること・働くことの「良さ」に気付かせる必要があります。

学生たちの気持ちや発言をポジティブの方向へ導き、

「よし!やってやるぞ!」という気持ちにさせることさえできれば、

その後の就活で壁にぶつかっても乗り越えるエネルギーとなります。

その気持ちにさせるまでは、就活指導は先に進めません!

 

ポジティブ思考にさせることができれば、

自己PRを考える、履歴書を書く、企業訪問をする、採用試験、面接…

すべての行程が、スムーズに流れていくことでしょう。

 

 

働くことに熱意を持ち、自分のやりたい仕事を発見し、自分と仕事のマッチングが上手くいき、キャリアを積むことができる就職

このように、将来を見越した就職指導をするのが先生だと思うんです。

 

悲しいかな「就職さえしてくれれば、それで良い」という声を何度も聞いたことがあります。

先生からも、保護者からも…。

しかし、その子の将来のことを考えると「なるほど」とは言えません。

 

学生たちのためにも、
指導をする先生のためにも、
就職活動前の動機付けはとても大切なんですネ!

 

就活前の動機付けの詳しい内容については、また改めてブログで紹介していこうと思います。

 

育てるをもっと楽しく、ずっと楽しく。

オフィスコンパス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA