子どもの年齢に合わせたお手伝い内容

年齢別のお手伝い内容

子育て真っ只中のパパさん・ママさん、こんにちは!

教育&子育てナビゲーター天野です。

 

前回の投稿「お手伝い5つのメリット」では、

子どもたちがお手伝いすると

「成長にとても良いことがありますよ♪」ってお話でした。

 

今回は、年齢別のお手伝い内容についてお話ししましょう♪

 

 

お手伝いの内容は年齢で考えたらいい?

 

お手伝いを嫌いになる原因の一つが

「難しくて上手にできないから嫌いになる」です。

 

子どもには年齢によってピッタリなお手伝いがありますが、

そこを考えずにお願いすると、

子どもにとって思いの外難しく、上手にできないことがあります。

ミッション失敗・・・涙

大人からすると「え?そんなことで?」と思うかもしれませんが、

子どもにとっては一大事!

自信を失い、お手伝い自体を嫌うようになってしまう。

 

そんなことにならないよう、

簡単なことから始めて、徐々にレベルアップさせてあげましょう。

 

1歳のお手伝い

1歳でもできるお手伝いがあります。

本当にちょっとしたことなので、わざわざ「子どもにお願いしよう」とは

思わないかもしれませんね。

 

◯ゴミをゴミ箱へ捨ててもらう

◯ティッシュやリモコンを取ってもらう

◯おもちゃを自分で箱に入れさせる(入れるだけ)

 

ね!お願いするほどの事ではないでしょ?

でも、お手伝いを好きになってもらうためにお願いしましょう!

2歳以降に出てくる「魔のイヤイヤ」も減らすことができますよ♪

 

 

2歳のお手伝い

簡単な家事のお手伝いができるようになってきます。

2歳はめちゃくちゃ大切な時期ですよ!

「お手伝いする子になるかどうかの分岐点」と言ってもいいかもしれません。

 

◯スプーンや箸をテーブルに並べてもらう

◯割れない食器を運んでもらう

◯洗濯物をクリップから外す(子どもは大好き!)

 

なかなか、パパ・ママの思った通りにはいかないと思います。

落としたり、綺麗に並べられなかったり・・・

それで良いんです!辛抱強く見守ってあげてください!

決して「違うでしょ!」なんて強い口調で言わないでくださいね。

 

 

3歳のお手伝い

2歳までにお手伝いさせていれば、3歳になる頃には

「お手伝いさせて〜♪」と自分からすすんで取り組むようになり、

難しい内容にもチャレンジするようになってきます。

 

◯洗濯物を畳んでもらう(ハンカチやタオルなどの簡単なもの)

◯食卓を拭いてもらう

◯簡単な料理のお手伝い(混ぜたりこねたり…子どもは大好き♪)

 

洗濯物はキレイに畳めません!

グシャッとなっても、優しく教えてあげましょう。

 

料理のお手伝いでも失敗します!

ソースが袖に付いたり、溢してしまったり。

 

それでも辛抱ですよ、ママさん!

あくまでも子どもたちの心を育てることを優先しましょう♪

 

 

4歳のお手伝い

手先が器用になり、力も強くなってくるので、

3歳の頃に比べると、格段にレベルの高いお手伝いができるようになります。

 

◯保育園のシューズを洗ってもらう

◯食器洗いをしてもらう(割れないものだけを残しておく)

◯料理の手伝い(丸めたり、器に入れたり)

 

食器洗いも、結局二度手間になってしまうでしょう。

ガチャガチャと大きな音をさせるし、服も濡らします。

そうなることは覚悟の上!

 

でも、1ヶ月は見守ってあげてください。

必ずそのうち上手に洗えるようになります♫

辛抱、辛抱・・・辛抱ですよ!

 

 

5歳のお手伝い

集中力が身につくころ。

時間がかかるもの、集中力が必要になる作業にチャレンジさせて

あげるのが良いでしょう。

子どものレベルに合わせて、少し難しい内容を頼み始めましょう。

 

◯お風呂の掃除をしてもらう

◯ご飯を茶碗によそってもらう

◯子ども用の包丁にチャレンジ(ママと一緒に)

 

子ども用の包丁を準備して、使わせてみるのも良いと思います。

「危ないからダメ」って思わず、「ママと一緒の時だけネ!」と

しっかりルールを決めて使わせてみてください。

子どもはすっかり大人気分。

難易度の高いお手伝いは、自立心を養うのにピッタリです♫

 

 

6歳のお手伝い

体も大きくなり、ちょっとした力仕事もできるようになります。

また、脳もしっかり発達している時期なので「考えながらやる作業」も大切。

 

◯庭の草取り

◯掃除機で部屋の掃除をしてもらう

◯買い物した後、袋詰めをしてもらう

 

6歳と言えば、小学校に入学する時期。

親が思っている以上のお手伝いができるので、

家事のいくつかを完全に任せても良いですね!

「ボクは家族の一員なんだ!」

「ボクは必要とされてるんだ!」

「ボクも家族の役に立ててるんだ!」

お手伝いから自己肯定感も養うことができちゃうんです♫

 

 

まとめ

いかがでしたか?

子どもの年齢によってお手伝い内容を考えてあげれば

子どもたちも楽しく取り組むことができます。

 

大きくなってから、突然「家の手伝いをしなさい!」と言っても

難しいですよね。

子どもの機嫌が悪くなったり、嫌々やったり。

「お手伝いをさせられてる」となってしまいます。

 

そんなことにならないよう、

1歳〜6歳のあいだで、楽しくお手伝いしてもらいましょうネ!

 

次回は「お手伝い好きな子に育てる方法」についてお話したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

 


 

保育園・幼稚園・小学校・PTA…
是非、聴いていただきたい「子育てで大切なこと」を話します。

ご依頼365日承り中♪

お問い合わせ

メールでのご質問やお問い合わせなどを承ります。

必要事項をご記入の上、「上記の内容で送信する」を押してください。

お問い合わせ内容必須
お名前必須
電話番号
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA