オフィス コンパスが目指す「教育」について
お話しさせてください

学校経営に大打撃!深刻な少子化時代に突入

少子化時代

「2018年問題」は皆さんご存知のとおり、少子化が進んだことによって、2018年頃から18歳人口が急激に減り始める問題です。

1992年には205万人いた18歳人口は、2009年には121万人に減少。2009年から2017年頃までは、ほぼ横ばいの状態が続きますが、2018年以降は再び減少に転じます。15年後の2031年には18歳人口は104万人にまで減少することが分かっています。 既に定員割れとなっている学校が全国的に増えており、経営難の問題に直面している学校も少なくありません。

大学・短大・専門学校では、今まさにこの2018年問題に直面している状況です。高等学校や中学校は、大学や専門学校よりも数年早いタイミングですので、既に入学対象となる年齢人口が減り始め、学生募集に危機感を感じています。

生き残りをかけた「選ばれる学校づくり」

今後、全国各地で学校が試され、淘汰されていきます。
しかし、子どもの人口が減っていくことが確実であっても、「選ばれる学校」になることで、少子化時代でも発展し続けることもできます。

今この瞬間にも全国各地で「選ばれる学校」になるために、様々な取り組みが行われています。

  • 設備投資によって最新の機器にリプレイスする学校
  • 今後の流行や世の中の流れを察知して、学科を新設する学校
  • カリキュラムにテコ入れをし、より充実した教育内容に変更する学校
  • 広告に投資して、広報範囲を広げたり印刷媒体を増やす学校

その取り組み方は、学校の規模や財源力によって様々です。
これらの取り組みは、もちろん大切ですが、どの学校でも取り組んでいるので、学校の個性的魅力が増すとは言えませんし、一過性の対策でしかありません。設備は古くなり、学科の流行も数年で変わってしまいます。
膨大な費用を投じても、費用対効果には確信が持てず、入学生数を確保し続けられるかどうかは疑問です。

学校にとって本当の魅力とは

学校の魅力

学校本来の魅力、持つべき強みは「教育」です。
設備や学科が試されるのではなく、「教育」が試される時代なのです。
この「教育」とは、教育現場で学生と向き合っている教員の教育力(授業力・指導力)のことを指しています。
たとえ最新の設備を入れても、学科を新設しても、カリキュラムを変えても、そこで教育を展開していくのは教員です。 「選ばれる学校」になるためには、「選ばれる教員」で構成された学校でなくてはいけません。

学校の本質である「教育」の原点は「教員」にあり!

素晴らしい教員によって、素晴らしい授業が行われるからこそ、地域の人たちだけでなく、誰から見ても素晴らしい学校に見えるのです。

教員育成が困難な状況

教員育成は、少子化時代とは関係なく、常に必要な取り組みです。
しかし、教員育成の必要性を十分に理解していても、なかなか取り組めていないのが現状です。
継続的な教員育成が困難である理由として、以下のような問題が挙げられます。

  • 人材的な問題
    … 教員研修の指揮をとる余裕のある教員がいない
  • 時間的な問題
    … 教員側にも勉強会に参加する余裕がない
  • 人間関係上の問題
    … 同じ職場の教員同士での駄目出しに抵抗がある

その結果、外部講師を招いた短時間の講演会や、校外の教員研修に教員を参加させるなど、単発的な研修を実施されています。 しかし、そのほとんどが「その場限り」となってしまい、本当の教育力アップには残念ながら繋がっていません。

真の教育力アップを実現

教員育成が困難な状況を打破するために、弊社の教員育成コンサルティングは生まれました。

「知識」は講演会や研修だけでなく、本を読めばいくらでも手に入ります。
教員に求められる教育力に大切なのは「知識」だけではなく「技術」です。
「知識」は使わなければ意味がありません。
「技術」は実際の教育現場でトレーニングしなければ身に付きません。

弊社の教員育成コンサルティング最大の特徴は、この「教育現場で行われる」ところにあります。実際の授業の中で、持てる知識・技術を存分に活用すると同時に、更なる磨きをかけていただきたいと思います。

自動車学校で例えるならば、路上での運転講習です。実際に路上に出て運転しなければ、決して運転技術は上がりません。学科講習で交通規則を知り、自動車の取扱説明書を読むだけでは、いつまで経っても運転技術は決して上がりません。

学校、教員、そして子どもたちのために…

学校、教員、そして子どもたちのために

教員の育成は、安定した学校経営をしていく上で欠かせない取り組みです。
また、教育の仕事を続けていく教員本人にとっても大きな意味があります。
そして何よりも、子どもたちのために必要です。
教育力の高い教員と出会えた子どもたちは、先生が好きになり、授業が好きになり、勉強が好きになり、学校が好きになります。即ち、子どもたちが持っている未来の可能性を広げることに直結しています。

子どもたちの未来のために、教員のために、学校のために、今こそ教員育成コンサルティングの導入を検討してみてください。

必要性を感じていても、手をつけ難いのが教員育成です。
継続的に取り組みができている学校が非常に少ないのが現状です。
即ち、多忙な教員が自助努力だけで教育力をつけることは困難です。
学校組織の中で完結できれば良いのですが、多忙であることに加え、教員同士で率直に評価し合ったり、改善を提案したりすることが難しいのが実情でしょう。
更に、これからは、学校組織外の教育システムを取り入れ、外部の目から評価されることが学校のウリの一つになることに間違いありません。

オフィス コンパスでは、独自に開発した教育プログラムを元に、成果が実感できる教員育成コンサルティングを行います。 教員育成プログラムT+(ティープラス)は、教員一人ひとりに対する完全個別コンサルティングのため、短期間で教員の教え方の癖や問題点を抽出することができ、問題の早期改善と指導力の確実な定着を図れます。

育成プログラムについて詳しく見る