やる気がグングン出てくる授業「成長実感」その2

こんにちは!オフィスコンパスの天野です。

 

前回の投稿で、「成長実感を持たせる授業」についてお話しました。

 

成長実感が持てているかどうか…

これは生徒の立場で考えると、とても大切なことですよね!

もし、授業の中で成長実感を持たせることができていないのであれば、

授業の進め方を工夫しなくてはいけません。

 

座学の授業では、成長実感を持たせる工夫は色々と思いつくでしょう。

しかし、実習系の授業は、その工夫が結構難しいんです。

私は、デザインの教員でしたので、実習授業が半分以上を占めていました。

成長実感を持たせる工夫には苦労しましたが、数年かけて効果的な工夫を考え出しました。

 

教えない授業 〜実習科目編〜

実習授業でも「教えない作戦」が効果あり!

デザインの授業は、様々なデザインの知識やテクニックを教えて、

広告やポスターを作れるように育てるわけですが…

私の授業は「いきなり教えない授業」なんです。

どういうことかチンプンカンプンですね^^;;

 

<普通の授業>

1.デザイン知識を教える。

2.作品を作らせる。

3.評価する。

これが、普通の授業で、「教えたことを学生たちにさせてみる」という流れです。

 

<教えない授業>

1.いきなり作品を作らせる

何もデザイン知識がないので、ボロボロで0点の作品になります。
ここで生徒たちが自信を失ってしまっても構いません。(それが狙いでもあります)

2.評価

「とんでもないダメ作品でした」とズバリ言います。
「今はそれで良いんです!」とも言います。(このフォロー大切!)
「デザイン知識を得ることで驚きの進歩を遂げる!」と宣言します。

3.やっと教える

ここでやっと知識・技術を教えます。
「うまくできなかった自分が、この知識・技術で本当に良くなるのか?」
と興味津々の状態になります。

4.もう一度作品を作らせる

必要な知識・技術を得たので、生徒自身が驚くほど良い作品に仕上がります。
「知識を知ることで、こんなにも良い作品になるのか!」とビックリ。
「知識の大切さ」を身を以て感じることができる。
「もっともっと知りたい!」と知識欲が出ます。

5.再評価

どれだけ成長できたのか、細かく解説します。

 

4の「もっともっと知りたい!」という気持ちに火をつけることが重要です!

「授業を受けたことによって、自分の力がどれだけ上がったのか?」を実感させることができれば、

生徒たちは放っておいても勉強するようになります。

この状態は生徒たちにとっても良いことですし、先生も楽になって一石二鳥!!

 

是非、ご自身の授業にも「成長実感を持たせる授業」を取り入れてみてください。

数ヶ月後には大きな変化が起こりますよ〜。

 

育てるをもっと楽しく、ずっと楽しく。

オフィス コンパス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA