宿題チェック

子育てパパママ、こんにちは!

子どもの宿題、毎日チェックしていますか?

今日は「宿題チェックでの接し方」についてお話しします。
子どもたちが勉強が好きになるように、パパママも気を付けてみましょう。

 

どうして分からないの?

算数ドリルや漢字プリント、ぜーんぶ正解だと気持ち良いですよね!
「よく出来てたね〜!全問正解だよ♪」と、頭をなでなで。

しかし、簡単な問題なのに間違えてるのを発見したら…
しかも、昨日教えてあげたのに間違っていたら…
何とも言えないガッカリな気持ちになったりしませんか?

「どうしてこんなに簡単な問題を間違うの!?」
「全然分かってないんじゃん!」
「昨日は出来ていたのに、どうして今日は出来ないのよ!?」
と、ついイライラしてしまいます。

ここで質問です!
そんな時、子どもに対してどのように接していますか?

「どうしてこれが分からないの!」
「どうして簡単な問題を間違えるのよ!」
「どうして昨日できて、今日できないのよ!?」
「どうして集中してちゃんとやらないのよ!?」
そんな言葉を使っていませんか?

子どもたちも分からないから困っているのです。
「どうして?」と理由を聞かれても、子どもには返す言葉がなく追い詰めらてしまいます。
パパママは心配の気持ちでも、子どもたちにとっては「叱られてる・責められてる」と感じてしまいます。

責められ続けたその先の姿は…

そんなやりとりが毎日続いてしまうと、どうなってしまうでしょうか。

『僕は勉強ができないダメな子なんだ』
『宿題のことで怒られてばっかり』
『宿題って嫌だな』

毎日毎日こんな気持ちになっちゃうんです。

その結果…

自信を失い、
勉強が嫌いになり、
意欲が失われてしまい、
出来ることさえ出来なくなります。

宿題を見られるのが怖くなり、
叱られる原因となっている宿題が嫌になり、
ますます勉強嫌いになる。

最悪の場合は、
勉強の場である学校や塾が嫌いになってしまいます。

大好きなパパママからガミガミ言われたくない!
どうしてこんなことになったんだろう?
原因となっている「勉強」が悪いんだ!
と、防衛本能が働いてしまいます。

負の連鎖ですね(;_;)

 

勉強が好きになる宿題チェック

パパママさん、宿題チェックを始める前に次の3項目を試してみて下さい♪

1.「間違いは、あって当たり前♪」と思う
2.「間違いがなかったらラッキー♪」と思う
3.「深呼吸」で心と頭をリセット♪

何があってもイライラしない心の準備ができたら…
さぁ、いよいよ宿題チェック!!
●「どうして?」禁止! ぐっと堪えて口に出すのをやめましょう。

●優しく、ゆっくりと、にこやかに、子どもの目を見て…
「間違えても大丈夫よ!」
「どの部分が分からないのか言ってごらん?」
「分からないところはママが教えてあげるからね!」

●分かるようになったら、しっかり褒めてあげてください。
「褒められる」ことが子どもにとってエネルギーになります。

勉強が好きになる宿題チェック

そんな接し方をしてあげると、子どもたちも安心して勉強することができます。

分からないことは素直に聞けるようになり、楽しく学び続けることができるようになりますよ♪

「分からないことを素直に人に聞く」これって、大人でも大切なことですよね!

 

THE負の連鎖、断ち切り!
ママ 「明日は間違えずにできると良いね♪」
子ども「うん♪ ボクがんばる!」

 

育てるをもっと楽しく、ずっと楽しく。

オフィスコンパス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA