【動機付け】過去・現在・未来、意識の仕方で今日が変わる!

こんにちは!教育&子育てアドバイザー天野です。

 

学校でも、家庭でも、子どもたちに「今日という一日を大切に過ごして欲しい」と思いますよね。

これは、自分自身に対しても言い聞かせたいことでもあります。

 

今回は「今日一日の大切さを伝えるための動機付け」のお話です。

 

後悔しない今日を過ごす

後悔することって大なり小なりあるものです。

 

「あの時に勇気出して行動しておけばなぁ…」
「あの時、もっと頑張ってやっておけばなぁ…」
「もう一度あの日に戻れたら、あんなことしなかったのになぁ…」
過去を振り返って「◯◯◯しておけばよかった」と。

そんなの嫌ですよね。

過去を振り返って「◯◯◯しておいてよかった」と言えるのが望ましいですよね!

 

同じ失敗を繰り返す人の特徴

同じ失敗を繰り返してしまう子がいます。大人でもいます。

その時はちゃんと反省して「次回は頑張る」と思っていたはずなのに、

また同じことの繰り返しで、学校の先生や親からすると、ヤキモキさせられます。

保護者の方から相談されるのは「勉強」のことがダントツNo1。

「前回のテストで勉強してなくて、本人も反省していたはずなのに、今回もまた勉強してないんです。」

「検定前なのに、全然勉強しないんです。前回の検定で落ちてしまって悔しい想いをしたはずなのに…。」

 

同じ失敗を繰り返す人は「現在から過去を見る」ことしか考えていない傾向があります。

「後ろ」に視点を置いてるんですね。

そんな人がよく使う言葉・思考は「明日から頑張る」です。

行動の特徴としては、無計画が目立ち、いつも行き当たりばったり…といった具合。

 

後悔が少ない人の特徴

中間テスト・期末テスト・検定試験などのイベントに対して、計画的に行動できる子もいます。

その子は「今日やること、明日やること、明後日やること」が見えています。

先が見えているから、計画的に行動できるんです!

 

まずはじめに、「いつまでに、どれだけのことをしなければならないか」という

「期間」と「ボリューム」を把握して、日々の計画を立てることが習慣になっています。

「前」に視点を置いてるんですね!

このように、「未来から現在を見る」ことが大切。

「今日の積み重ねが未来を作っている」ことを感じる必要があります。

 

子どもたちへのアプローチ

ちょうど、夏休みで全国の子どもたちが多くの宿題を抱えています。

これは、考え方によってはチャンスだと思いますよ♪

「無計画」→「計画」に変えるチャンスです!

「現在→過去の視点」でしか考えていない子に、「宿題しなさい」という言葉だけでは足りません。

それだけでは動かすことができないんです。

・どれだけのボリュームがあるのか?
・一つひとつがどれだけの時間がかかるのか?
・どのような計画を立てれば余裕を持って終わらせられるのか?

ここまでは、一緒に考えてあげてください。
「計画の立て方」を教えてあげることが大切です。

呉々も「怒り口調」にならないように!

 

まとめ

今日という日は、未来から見ると「あの日」「あの時」です。

そのことを子どもたちに伝えて、一日一日を大切さを理解させてあげて欲しい。

是非、動機付けで「過去・現在・未来」の時間の流れを捉えさせてください。

 

育てるをもっと楽しく、ずっと楽しく

オフィスコンパス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA