ども!朝からクシャミ連発のデザイン博士HIROです。

一度クシャミが出ると、立て続けにでるもんですね(汗)
車を運転している時のクシャミ連発なんて…超恐怖!
花粉症の方は、気をつけましょー。

「自分はデザイナーじゃないから、デザインスキルなんて関係ないね。」

なんて思われてる方、多いんじゃないでしょうか。
でも、意外とデザインスキルが必要な場面って多いんですよー。

仕事でクライアントにプレゼンすることになった。

こんなときは
・PowerPointでスライドを作らなくちゃいけない。
・配布する資料を作らなくちゃいけない。
これ、完全にデザインスキルが必要な場面です。

「この人のプレゼン、分かりにくいなあ。」
「この資料、何が言いたいんだか、読み取るだけで大変だわ。」
そう思ったことないですか?
ボクはなんぼでもあります。

デザインスキルがない状態だと、
上司からの「根拠のない指示」に惑わされっぱなし。

「ここを、もっと分かりやすくしてもらえないかな?」
「ここはドンと大きく見せてくれ」
「なんかゴチャゴチャしてるからパッと見て分かるように」

など…
なんとも抽象的な表現の指示を出され、
明確なデザインの意図もなくスライドや資料を作っていく。

不確かな感性だけに頼って制作(デザイン)しているはずです。
もぅ何が良くて悪いのか、さっぱり分からない。

「ここがダメ」と言われても、何がダメなのか分からない。
でも「ダメ」って言われるから修正するしかない。
疲れちゃいますね。

デザインスキルがあれば楽勝!

そんな時こそ、デザインスキルが助けになります。

デザインって、摑みどころがなくて、とても曖昧なものだと思われています。
センスがある人が上手で、センスがないと作れない…と。
でも、その認識は間違いです!
デザインにも原則とルールが存在します。

デザインのセオリーを知っていれば、誰でも「理論的」にデザインできる。
明確な意図を持って、文字情報や図表の配置を決めることができるようになり、
スライドや資料づくりがかなり楽になります。

何より、見栄えが良くなるので、見る人の理解も深まる。
クライアントが「??」にならず「!!」になってくれる。
分かり易い資料で、見る人をゲンナリさせずに済みます。

「いやぁ、君のプレゼンと資料は、とても分かり易くていいねー!」

そう、デザインスキルは強力な営業力になるんです!

HIROが予想していなかった受講生の職業

デザインマスター講座をスタートする前は、
受講される方は、自営でお店を経営されている人が
多いんだろうなって思っていました。
・・・が!
いざ開講してみると、予想以上に「ごく普通の会社勤めの方」が多かったんです。

営業の仕事をされている人
広報の仕事をされている人
事務の仕事をされている人

ボクでも気付かなかった「こんな場面でもデザインスキルが必要なのか〜」があります。

あなたの仕事でも「デザインスキルがあったら助かるかも♪」ってこと、ないですか?