ども!デザインを愛し、デザインに愛された男、HIROです。

デザインは・・・

デザインは・・・

アートとは違うんじゃーっ!

 

アートはお洒落、デザインは身だしなみ。

デザインとアートは、混合されがちです。
よく似てるでしょ?

「デザインとアートは似て非なるもの」
「その違いは、なーーんだ?」

デザインを教えるとき、まず最初にこの質問を投げかけます。
この違いを知ることが、デザイン上達の第一歩。

 

ファッションで例えるならば、
アートは「お洒落」で、デザインは「身だしなみ」

 

お洒落とは…
お洒落は自分の好みや流行など取り入れた、洗練された着こなしをすることです。
自分が楽しむためにするものを「お洒落」といいます。

身だしなみとは…
相手に不快感を与えないように服装を整えることです。
相手のことを第一に考えた配慮であり、相手に対する敬意が身だしなみです。

 

と言うことで

アートとは…

自分が好きなように作品を描いたり作ったりすること。
自分の好みが大きく反映されるのがアートであり、
「自己満足の追求」ということになります。
「気に入ってくれた人だけが見てくれればいい」のがアートの世界。

 

それと比べて真逆なのがデザイン。

デザインとは…

大衆が好むものを心地よく、分かりやすく、使いやすく作ること。
自分の好みを強く反映させず、大衆が求めるものを作ります。
「他人満足の追求」ということになります。
「一人でも多くの人に気に入っていただく」のがデザインの世界。

 

ボクが教えているのはデザインです。

デザインの概念で作られているものは、誰にでも分かり易く伝わり易い。
自分以外の不特定多数の人が見るモノを作るとき、
このデザイン魂を忘れてはいけない。

 

アートを否定している訳ではなんですよ!ボクは。
ボクも絵を描く人間で、100%自己満足でやってます。
それはそれで良いんです。

 

ただ「デザインとアートは、似てるけど全く違うんだ」って事を皆さんにも知ってもらいたいんです。