ども!ロマンチックが止まらない、ムーディーHIROです。

真っ赤に染まる、綺麗な夕焼け空…。
これから夜を迎えようとしている赤く染まった美しい海岸で
男と女が語り合っている…。

ロマンチックな、そんなひと時。
ムードを盛り上げたい男性諸君、ぜひこの話をしてあげてください。
鬱陶しいこと、間違いなし(笑)

 

以下の記事を読む前に、
まずは光の正体について書いた記事を読んで下さい。

短波長と、長波長の特徴

短波長である「青」は、拡散しやすい性質を持っています。
水蒸気の粒や、大気中にある微粒子にぶつかると、青は反射・拡散します。

長波長である「赤」は、直進性が高い性質を持っており、青に比べて拡散しない。
遠くまで届く性質を持っています。

 

夕焼け空が赤く染まる理由

太陽が傾くと、光はより多くの大気を通過することになります。
それだけ障害物にぶつかることになるんですね!
多くの障害物に当たり、短波長(青)・中波長(緑)は拡散されてしまい、
人の目には入ってこなくなります。
その結果、長波長の赤系の色だけが届くということです。

湿度の高い日は、夕焼けがより赤くなりますよね!
その理由はここにあったんです。

 

ロマンチックな夕日を見ながら解説

「君、夕焼けが赤い理由を知っているかい?」
「え?どうしたの突然」
「光はね、短波長、中波長、長波長とあってね……◯▽□◇×◎」
光のウンチクを話してあげましょう。
彼女の目は「?」となり、今まで見たこともないような「キョトン」とした表情を見ることができると思います。