お仕事で、チラシや営業資料などの印刷物を作ることありますか?

上手くできてますか?
やたら時間がかかっていませんか?
もっと言うと…「できた!」と思ったソレは、本当に良い状態になってますか?

実は素人感丸出しで、読み辛いものになっているのではないでしょうか。
読み辛い印刷物は、正直なところ、ほとんどの人が読みません。

厳しい現実として、作った本人は「良いものが出来た」と思っています。
そりゃそうです、頑張って作ったんですから。

でも、「頑張れば良いものができる」という訳にはいかないのがデザイン。

その努力、どうせなら報われたいですよね!
この場合の「報われる」とは…
「1000人に届いて、一人でも多くの人が目を通して読んでくれること」を指しています。

 

デザインが上手になるために、まず知っておいて欲しいことを今日はお伝えします。

 

1.なぜ上手くデザインできないのか?

デザインが上手くできないのは、ちゃんとした理由があり説明できます。まずは、その理由を理解することから上達の道は始まるんです。

1−1.どこが悪いか分からない

上手くデザインできない理由…ズバリ「自分が作った作品の、どこが悪いのか説明できない」からです。悪い部分が分からないから良くすることも出来ないのは当たり前ですよね!

良い・悪いの判断が付かないので、「何かを参考にして作ろう!」が出来ない。「参考にすると良い部分」が分からないですから。

1−2.直感を頼りに作っている

自分の直感だけを頼りに作っている人は、良いものを作ることはできません。極々稀に直感が素晴らしくて、デザインを知らなくても良い作品を作る人がいますが、ボクの経験上言えるのは「100人に1人もいない」ということ。

アートの世界なら、直感に頼ってもいいですよ。直感こそアートなり。しかし、デザインでは直感を頼ってはいけません。とんでもない自己満足なモノに仕上がります。そもそも、印刷物は自分のために作るものではなく、自分以外の人のために作るもの。自分自身の趣味趣向は、デザインの邪魔になるだけ。

1−3.作る手順がデタラメ

料理の場合、作る手順がメチャクチャだと、とんでもないものになるでしょう。建築だってそうです。基礎も作っていないのに、いきなり棟上げなんてできません。印刷物のデザインも同様なんです!上手なデザインに仕上げるためには、手順通りに作業をするめる必要があります。いきなりパソコン上で文字を入力し始めると、2倍も3倍も時間がかかると同時に、良い作品に仕上がる可能性が限りなく0に近くなります。

 

2.どうすれば上手になるの?

あなたは車を運転しますか?この1週間のうち大きな事故を起こしましたか?これを読んでいるということは、ほとんどの人が「最近、大きな事故を起こしていない」でしょう。では、なぜ事故を起こさず車を運転できているのか…。それは、あなたが交通ルールをしっかり守っているからに違いありません。左車線を走り、信号が赤なら止まる。見通しの悪い交差点では一時停止をして左右をしっかり確認するから事故を起こさないのです。

デザインも同じことが言えます。

デザインには「ルール」があり、このルールを守りさえすれば「良いデザイン」にすることができるのです。車の運転免許と同じように、ほとんどの人が「ちゃんとした内容を学べば、ちゃんとしたモノを作ることができる」ようになります。

デザイン上手になるには「デザイン知識」を知ることが必要なんです。

 

GTA(Graphic Training AMANO)は、誰でもデザイン上手になれるよう、とんでもなく沢山あるデザインの知識の中から「本当に必要な知識だけ」を厳選してお届けしています。それでも沢山あります。

デザインマスター講座では、初級・中級・上級の3回でトータル7時間必要です。
個別レッスンであれば、もっと濃い〜内容を10時間で伝授できます。

「デザインの知識が必要だなぁ」と思う方は、お問い合わせくださいね。

 

*************************

ところで…最近、とても腹が立つことがあったので、珍しく毒を吐きます。
ボクは、かな〜り気の長い男なので、腹が立つこと自体ないんです。
そんな男が腹を立てるくらいですから…。

世の中には、「チラシつくります」とか「デザインします」と言っている人が沢山います。
しかし、そう言っている人でも「素人+α」くらいの能力しかない人も沢山いるんです!

つい先日、知り合いから相談を受けました。

「このチラシ、◯◯さんって人に作ってもらったチラシなんだけど、どう思う?」と。それがトンでもないデザインのチラシだったんです。デザインの「デ」の字も分かっていない。これで、よくもまぁ「良いチラシ作りますよ」とか「これで集客に繋がりますよ」と言えるもんだなと腹が立ちました。しかも、知り合いが支払ったデザイン料は、そこそこのデザイナーさんくらいの料金。質の高いデザインを提供できるよう頑張ってきたデザイナーを馬鹿にしているように思えてきます。結局、チラシの成果はなかったらしいのです。

みなさん、気をつけてくださいネ!

もし、誰かにデザインを依頼するときは「デザイナーとして何年くらいのキャリアを持っているのか」確認してください!なんちゃってデザイナーが結構居ます。「楽しい人だから任せよう」じゃダメ!お金がもったいない!「優秀だから任せよう」でなくちゃ。素人+α程度のレベルのデザインであれば、ちゃんとしたデザイン知識を学べば誰でもすぐに追い越せます。わざわざお金を出して依頼するほどでもありません。