個人事業主の方、企業の広報に携わる方のために
デザインスキルを身に付ける講座や企業研修やってます!

こんにちは!デザイン講師の天野です。

 

チラシやDMなど印刷物のデザインって、

「センスがないとできない」

と思われてしまいがち。

 

自分で勉強してみようと

書店でデザインの本を買って努力した人は、

私にこんな相談をされます。

「本は理解できたけど、上手く作れない。」

「やっぱり、センスがないんでしょうか。」

 

違うんです。

センスがないから上手くできないんじゃないんです。

間違った学び方だから上手くいかないんです。

「チラシの上手な作り方」のような本を読んだり、

ネットで調べても上手くなりません。

上手くなるとしても、かなりの時間を要するでしょう。

片っ端から知識を詰め込んでも、余計に混乱するだけ。

 

ものごとには順序ってものがあります。

 

正しい順序でデザイン知識を身につければ

センス関係なく、誰でも上手く作れるようになるんです。

 

デザイン上手になるには

「学ぶ順番」と「タイミング」が重要!!

 

料理と一緒です。

レシピどおりに段取り良く調理していかないと

仕上がりが変なことになってしまいます。

 

デザインの学び方にもレシピがあるってことですね!

ちなみに、このことは私の知る限り、

どんな本にも書いていません。

 

20年間デザインの教育に携わってきて、

最も効率良く習得できるレシピを研究してきた結果によるものです。

 

その答えを惜しげもなく公表すると・・・

 

1.文字組み

何はともあれ、まずは文字を美しくレイアウトする方法を知らないことには、

何をどう工夫しようがデザインは上手くなりません。

 

2.平面構成

文字組みがしっかり理解できた上で、紙面全体の平面構成。

「面積比率」を考えながら全体のレイアウトを考えるのです。

 

3.魅せる技

見る人の視線を奪うための魅せる技については

一番最後に知るべきことです。

平面構成を理解していないのに「目立たせる工夫(装飾)」

を学んでも意味がないどころか逆効果。

 

 

この「1→2→3」の大きな流れは、変えることができません。

この順序で学んでいけば、確実にレベルアップできます。

 

 

その流れを講座にしたのが

デザインマスター講座の初級→中級→上級。

 

初級に参加できなかったので、

中級から参加しても良いですか?とお問合せをいただくことがあります。

「それはできません」と答えている理由がこの「流れ」が関係するからなんです。

 

 

デザイン知識があれば、

自分でチラシなど印刷物全般を作れるようになります。

Word・Excel・PowerPoint・Illustratorなど、

使うソフトは何でも構いません。

 

しかし、それが最終目標ではありません。

いいものが作れるようになった結果として

集客につながったり、

お客様がしっかり目を通してくれるようになったりします。

 

デザインの良し悪しで結果が大きく変わるんですね!!

 

今後、広島市内・岡山市内でデザイン講座が開講します。

興味ある方は是非お越しくださいネ♪

詳しくは

広島 → デザインマスター講座(広島会場)

岡山 → デザインマスター講座(岡山会場)